【大垣市】キッズピアおおがき本日オープン!【子育て支援】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全にタイトルが昨日とかぶってますがそれは気にしないのが吉。『キッズピアおおがき』の概要については前回の記事に記載してますのでそちらをご覧ください。

【大垣市】いよいよ明日オープン!キッズピアおおがき【子育て支援】

今日は無事に子どもたちを連れていけたようですので妻に感想を聞いてみましたが、まーとにかく人の多いこと…と言ってました。4,50人は居たと思うよって言ってたので相当ですね。

にぎわうのは良いことですけど、しばらくは色々大変そうですねー。これ以上多くなるとおもちゃの取り合いも頻発して大変かも…と言ってました。

かなり人が多いですのでプライバシー等に配慮してあまり写真は撮れなかったそうですので、肖像権的に大丈夫そうなものだけ写真を掲載します。ぶっちゃけあんまり参考になる風景写真ではないかも…。

キッズピアのおもちゃ一部

キッズピアの施設キレイですね

うーん…これではあんまりよく分かりませんね。公式ポータルサイトに画像がアップされてましたのでそれを引用させていただきましょう。これは俺の妻が撮影した写真ではありませんし、公的にアップされてるものだから大丈夫でしょう。

このアングルならそこそこ雰囲気も分かりそうでしょうか。肖像権的なところで問題がありそうであれば、ご一報ください。早急に対応させていただきます。

【キッズピア】大垣市子育て支援ポータル

出典:大垣市子育て支援ポータルサイト―大盛況!キッズピアおおがきがオープンしました

ホント、めちゃくちゃ人多いですね。でもこれだけ広いとあまり混み合ってるような感じがなくてとっても良いですね。俺も早く行って子どもと一緒に遊びたいですねぇ。

追記

実際にキッズピアおおがきに行ってきました!どんな感じだったか知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

キッズピアおおがき初訪問!写真もたくさんあるよ

スポンサーリンク
レクタングル大

子育て支援施設を利用すべき理由

まず、何より大きなメリットとしてスタッフの方が常駐しておられて手が空いていれば子どもの相手をしてくださることが挙げられます。

これは特に平日の日中は1人で子どもを看ている方にとって大きなことで、子どもの後追いが激しすぎて一息つくどころかトイレにすらまともに行けないとか、2人以上子どもが居て対応に苦慮している…なんてケースで心を病むレベルで悩んでらっしゃる方は是非利用していただきたいと思います。

スタッフの方に声掛けしてお願いすれば多少の時間であれば子どもを看てもらえますので、例えば上の子の相手をしてもらってその間に下の子のおむつを替えたり授乳をすることもできます。

ただ、もちろんそういった間も子どもの行動については親である保護者の方自身が責任を負う必要がありますのでそういった点は誤解なさらないでください。

またよくある話として、平日1人で子育てをしてると自分の想いを吐露するところが全然無いなんてのがあります。周りのサポートがほとんど無かったり子育ての大変さへの無理解から何もかも自分1人で抱え込んでしまっている状況ですね…。

辛くて鬱々とした気持ちをずーっと心の中に抱え込んでしまって、またそれが態度に出たりすることで子どもに伝わって子どもも情緒不安定になっていくという負のスパイラルはどなたも聞いたことがあるでしょうし、今現実に実感されている方も多いでしょう。

イライラがつのって子どもを叩いてしまって後で自己嫌悪に陥るものの何度も同じことを繰り返してしまうなんて場合はもうほんと限界ギリギリのラインだと思いますので本当に無理しないでください。

そんなとき子育て支援施設にこれば、言い方は悪いですけどしばらく子どもから離れることができたり、スタッフの方その他施設を利用されてる他の保護者の方などと交流を持つことができます。

スタッフの方はボランティアとしてやっている方ばかりで、育児のプロフェッショナルという方々では無いですから今の鬱々とした想いや悩みについて直接的な解決策を得られることは無いかもしれませんが、そういう時に最も大事なのは自分の感情や想いを外に吐き出すことです。

さらに言えば、普段なかなかパートナーの方などが話を聞いてくれないケースであれば単純に”誰かに話を聞いてもらえる”だけで救いになることは沢山あります。これは子育てにおけることだけではありませんけどね。

スタッフの方はとても親身に話を聞いてくださいますし、また子どもを通じて他の保護者の方とも話したり親交を深めることもできます。

そうやって色々話してると、自分の辛い想いや悩みは意外と誰もが経験してることだったりするのですごく共感してもらえたり、自分の子どもより年齢、月齢が上の子どもを持つ保護者の方だと”そういうとき自分はこうした”などアドバイスをもらえることもあるかもしれません。

まぁ子どもは1人1人千差万別ですので一概に参考にしてそのままアドバイスを実行しても上手くいかないことはありますが、それでも自分が及びもしなかった考えに気づけるかもしれません。

こんなことを言うとアレですが、子育て支援施設で行われるさまざまな子育てに関するアドバイスなどのイベントそのものよりも、こういった普段の活動の中で培われるものの方が子育てにはより有用だと考えます。

子どもは親に影響を受けて育ちます。アインシュタインが”常識とは18歳までに培われた偏見のかたまりだ”なんてことも言ってます。親のイライラや鬱々とした気持ちは必ず子どもに伝わってしまいます。

ですので子育てに悩んでいる方、辛い想いを抱えている方はぜひこの『キッズピアおおがき』に行ってみてください。

確実なことは言えませんが、もしかしたら辛い気持ちが楽になるかもしれません。そうすれば絶対に子育てにとってもプラスに働きますので試してみない手は無いと思います。

あと今月くらい?は行くと来場者記念的な感じでクリアファイルがもらえるそうです。

キッズピア 来場記念品

前身である『子育て交流プラザ』時代とその違い

先ほど、多少の間は子どもを看てもらえる話をしましたが、妻の場合は子どもたちと自分が食べる昼食を買うために2人を置いて隣の河合寿司までちょっと買いに行くなんてこともたまにしていたそうです。

何度も言っているようにキッズピアの運営母体は同じ団体ですので、ハード面はともかくとして(もちろん充実が図られていますが)ソフト面での対応は今までとほとんど変わりは無いと考えられます。

が、交流プラザは俺の勝手な印象ですけど、けっこうひっそりやってたような感じがしますので、その存在を知らない親御さん方もいらっしゃったかもしれません。

要は利用者の方がそんなに多くなかったのではないかってことですね。

ですので今回は様々な方法で大々的に広告されたり、大垣市の広報誌にもバンバン載ってましたから利用者が急増した場合には今まで通りの対応は難しくなる可能性があるので、これまでのようにちらっと子どもを看てもらったりすることに対して過度な期待はできないかもしれません。

とにかく広い

妻がパンフレットもらってきたので撮影したのを掲載しておきます。
キッズピアのパンフレット

以前の施設もそこそこスペースが取られてて子どもが走り回ってても特に問題無いくらい広かったんですが、キッズピアはどうもそれ以上ですね。めちゃくちゃ広い!

交流プラザではトイレは皆共通だったり、授乳スペースもついたてがあるだけで、きちんとしたスペースがあった訳では無かったので色々と不便な思いをすることもありましたが、その辺もしっかりしてるようです。

授乳室には湯沸し器も設置されているとのことでしたのでミルクも作れますのでご安心ください。

以前よりもたくさんの人が訪れるようになっても相当余裕のあるつくりになってますね。おもちゃの取り合いなんかは発生するかもしれませんけど「のびのび遊ぶ」って面では非常によくなってると思います。

おもちゃは刷新

以前スタッフの方に聞いたところ、キッズピアの開設にあたっておもちゃ類は全て刷新されるとのことでした。妻が撮った写真をいくつか見ると子どもの背丈を超えるようなものとか、中に入って遊べるような遊具みたいなのもあるみたいでなんだか見ているだけでワクワクします。

ちょっとプライバシーの関係でその写真は掲載できそうにありませんので、後日俺が行ったときに写真撮れそうなら撮ってきますので以後の続報をご期待ください。

それより実際に現地に行った方が早いですけどね!

おもちゃが全部刷新ということで、プラザ時代のおもちゃはどこに行ってしまったのだろうか。運営団体が運営している子育て支援施設が他にあるようですのでそっちに流れていったのかな?

個人的には非常にお気に入りだったおもちゃがあったので全部刷新は残念だなと思うのですが仕方ありませんね。

本も全部新品

個人的に交流プラザにおける大きな魅力だった1つとして超大判の絵本がたくさんあったことでした。我が家の子どもたちは本を読むのが大好きなので「はらぺこあおむし」「ぴょーん」「だるまさんが」の大型本などには大変お世話になりました。

普通のサイズの絵本もたくさんありましたね…プラザで一体何冊本を読ませていただいたやら…

なんとそれら本も全て新品と入れ替えだそうです。「だるまさんが」だけではなく、シリーズ全作大型本で揃ってるらしいです!マジか!すげぇ嬉しいな。

キッズピアは飲食OKです

そういえば、気づいてらっしゃらない方も多いようですがキッズピアは飲食OKです!交流プラザ時代にもでっかいテーブルがあってそこが飲食スペースになっててみんなで一緒にご飯食べたりしていました。

妻いわく見知った顔の人(以前交流プラザに来てた人)はご飯食べてる人もいたけど、初めて見る人でご飯食べてる人は見かけなかったから周知が足りてないのかもねーとか言ってました。

もう一度言いますが、キッズピアは飲食OKですからね!お弁当持ってくるなり周囲のお店で買うなりしてぜひお子さんたちと一緒に食事してください。

ただし、ゴミは捨てるところがなく持ち帰る必要がありますからご注意ください。

事前予約制のイベントが増える

なんかこれまではそう大々的なイベントみたいなのはあんまり無くて、ベビーマッサージもその場にいる親子を対象として自由参加な形でやってたり、土曜日なんかは午後のある時間になるとでっかいスタンプ台が出てきて、紙やうちわなんかに子どもの手形・足形をペタペタつけて遊ぶみたいなことやってたんですよね。

そういったものは引き続き予約不要で自由に参加できるようです。いやー相変わらずの運用をしてくれるのはありがたいですね。

子どもたちは大変楽しそうに取り組みますので、下記リンク先のスケジュール情報を参考にしていただいて可能なものにはぜひご参加ください。

キッズピアおおがき―スケジュール

事前予約制のイベントも地域の方々の協力によってさまざまなジャンルのものが開かれるようですので余裕があれば参加してみるのも楽しいかもしれませんね。要予約制のイベントは今まで無かったように思いますし、あったとしても参加したことがなかったので実際どうなのかについては現時点ではなんとも言えません。

もし何かのイベントに参加することがあれば記事にするかもしれませんのでその時はよろしくお願いします。

まだ始まったばかりなので今後に期待

妻の話曰く問題点も色々あるようです。妻が一番気になったことは床がすごくツルツルで裸足でも滑るほどらしいです。さすがに大きくなれば転ぶことは無さそうらしいですが、我が家の子どもは3回くらい転んだらしいです。

スタッフの方からも子どもは靴下を脱ぐように指示があったそうで、転んで頭を打つことの無いように気をつけなければなりませんね。

まだまだ今日オープンしたばかりの施設ですのでこれからどうなっていくのか、どう運用されていくかは分かりません。

しかも先日の記事でも書いたように駐車場はありませんし、どうやら駐輪場も無いようなので駅利用者用の有料駐輪場を利用する必要があります。1回100円ですから何度も来るとちょっと費用がかさむ感じがありますね…。

その辺り本当になんとかならないのでしょうか…。

ちなみにバスでキッズピアに行く場合は、子育て世帯であれば無料で利用する方法がありますので後日記事にしたいと想いますのでご期待ください。

まぁキッズピアの前身である交流プラザには何度も行って楽しく遊ばせてもらった身としては、この新しい施設もきっと行って損は無いと思いますので、今までこういったところに行ったことの無い方もぜひ行ってみてください。単純に楽しいですよ。

子どもが迷惑かけてしまうかも…と考えて二の足を踏んでらっしゃる方もいるかもしれませんが、ぶっちゃけどこの家の子どもたちもやりたい放題です。うちの子どもたちも他の子が遊んでるおもちゃを奪い取ったり逆に奪い取られたりで泣かせたり泣かされたりです。

しかし、子どもにとっては大人や子どもも含めそうやって他者との関わり方を覚えていくことも非常に重要なことです。家で1人で子育てをしてるより、親にとっても子どもにとっても世界が広がります。これは俺自身何度も交流プラザに行っていた経験から間違いなく断言できます。

全然心配することはありませんので、勇気をもって一歩踏み出されることをオススメします!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ