20年以上続いた爪噛み癖を俺が1発で治した方法。やめたきゃ読め。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりの告白タイムですけど…大変恥ずかしながら俺は子どものころからずーっと爪を噛むクセがありました…。

基本的にイライラしているときとか精神的に追い詰められつつあるときに思わず噛んでしまうと言う感じなのですが、そのたびに心の中でまさに「ムシャクシャしてやった、後悔している」といった趣旨の発言をしてしまうのでほとほと嫌になっていました。

今思えばまったく信じられないのですが、ほんの数年前までもう20年以上爪を噛んでいました…。

当時は今さらどうしようもないかと半分あきらめていたのですが…。しかし!最後の悪あがきで実践した今回ご紹介する方法で爪を噛む癖をやめることができました!

今では全く爪を噛むことはなくなりました。しかも非常に簡単な方法ですから、人にも胸を張ってオススメすることができます!

ただいわゆる「※個人の感想です」ってやつであり、全ての人に効果があるものかは分かりませんけど変なアフィリエイト案件でもないですし、とにかくお手軽ですからとりあえず一度は試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

爪を噛むのはストレスからの逃避のため?

そもそもなんで爪なんか噛んじゃうんでしょうね。

別に人生で一度も能動的に「いよっしゃああああ!今日は爪をバリバリ噛むぜえぇえぇっぇ!」とか思って行動したことは無いんですけどね。

気が付いたら爪がボロボロになっているというか。そしてまたやってしまった…と後悔するドリフか吉本かという様式美。いや美しくはねぇな。

色々後悔した中で考えてみると、基本的には何らかのストレスやプレッシャーがかかってるときなんですよね。あとはなんか手持無沙汰なとき。楽しく遊んでるその最中には爪噛んでたことないよなーと。

なんか今の心に負担のかかってる状況をなんとかしたいけどどうにもならないって時に爪を噛む…となると現実逃避というと言いすぎな気もしますけど、抑圧からの逃避を目的として反射的な感じで爪を噛んでいそうに思えます。

となると、結局《意志の力》で対抗するのは難しそうな気がムンムンしてきます…。

そもそも噛みたくても噛めないようにすりゃ良いんじゃね?

いかに我慢しようと思っても無意識のうちに爪を噛んでしまっているのであれば対処のしようがありません…。

代替コストで払おうと思ったら青のカードが手札にねぇわ…って事態みたいなもんです。

そしてそのポカをよくやる俺にとっては完全に宝の持ち腐れですよあのカード。『アライアンス』版で4枚持ってるのに。…いや誰にも譲らないけど。

それはさておき、つまり自分の意識で治そうというのはまずもって絶対に無理だと悟ったのでした。

ですのでここで逆転?の発想。どうしても噛んでしまうならそもそも爪を噛みたくても噛めないようにすればいいんじゃね?

深爪にならないギリギリの短さまで爪を切ってその状態を維持していれば良いのでは…と思いついたのでした。

実際、さすがに俺が血が出るようなレベルまで爪を噛むことはありませんでした。

一度爪を噛むと爪が伸びるまでは噛むことがないので、じゃあそもそも爪が噛めないレベルまで常に爪を短くしていれば噛まずに済む、ということですね。

そうしてやり過ごすことで、ちょっと変な表現ですが「爪を噛まなくなる癖をつける」ことができれば、その後爪を伸ばしても噛まなくなるのではないかと。

それにもっと物理的な問題で、爪を噛む人ってのは爪が薄くて柔らかくなる傾向があって、そうするとすぐに爪が割れたり簡単に爪を噛めるようになっているらしいです。

なのでしばらく爪を噛まないようにすることで、爪が厚く硬くなるので爪を伸ばしても物理的に噛み切れなくなるかなという考えもあったりしました。

人間、クセというか習慣づけをするには3週間程度の時間が必要らしいですから、最低限それくらいの間は爪を噛めないレベルまで短く保っておきたいところですね。

確かにみっともなくはあるのですが、どちらにせよ爪を噛んでボロボロになってるような状況の方が100億倍くらいみっともないですからね。そもそも爪を噛むこと自体がみっともない。

よって俺という人間も大変みっともない存在であるという三段論法が成り立ったのでした。どうでもいい。

爪を短く保つための方法

これはもう簡単なことです。

「爪切りを肌身離さず常備する」

これにつきます。そして爪が気になったら、口に指を持っていくのではなく爪切りでパチンパチンと切ってしまえば良いのです。

さすがに人前でやるのは抵抗がある…ということでしたら、トイレでやったり、誰も周りに見当たらないところにフェードアウトしてぱちぱちやってヤスリでシュシュッと惨状磨けばいいだけです。

ハリケンジャー参上!
ANIMETAL

車で通勤してるような方だったらもっと楽ですね。自分の車のなかで切ってしまえばいいですからね。

色々気恥ずかしかったりするところはあると思いますが、爪がボロボロの方がもっと恥ずかしいことですからね!

人目もはばからずに爪を切れとは言いませんが、とにかく爪を噛まない習慣を身につけるまでは爪切りを常備して気が付いたら爪を切りましょう。

もちろん切りすぎてケガしたとかではアレですので、噛めないレベルでほどほどにね…。

血が出るレベルで噛む人はメンタルヘルスを受診しましょう

俺も含めて、俺の周りにはいませんでしたけど噛めないくらい短い爪でも無理やり噛んでむしって指先から血がほとばしる…みたいな悲惨な状況になる方もいらっしゃるらしいですね…。

なんでそんなになるまで噛むんだよ!と周りが言っても本人にもその真因については周りに伝えられなかったり、そもそも自分ですら気づいてない場合があります。

で、そこまでして爪を噛んでしまう原因については個人で違いますから一概には言えないんですけど、その行為自体は一種の「自傷行為」です。

これについてはほぼ間違いありません。こういった行為を治すためには行動を抑制するのではなく、まず原因を把握しそこに対してアクションを起こす必要があります。

自傷行為は精神的なモノから生じることが多いですから、あまりにも酷い自傷行為が続く場合は、そこに依存症まで併発してる可能性が多分にありますからぜひメンタルヘルスを受診しましょう。

その先どうなるかは医者の方の判断になるわけですからここではどうのこうの言いませんが、出血するほどのレベルで爪を噛んでしまう人は、俺がお伝えした「爪を噛めないように短く切ってしまう」って手法ではどうにもなりませんから、ぜひ自分の力で解決しようと思うのではなく周りに頼ってみてください。

辞めなきゃいけないとは分かっているけど、その状態になることが安心する…という精神状態は自傷行為の典型ですし、完全に依存症になっています。

こう言うとアレですが、精神的に正常な状態とは到底言えません。

残念ながら医療機関の紹介等をこのブログLP0では絶対にしませんから、オススメのクリニックの紹介とかもできないのですが、ぜひご自身で調べて受診してください。

もしくは、周りの方にそういう方がいらっしゃって助けてあげたい!と思う方はなんとかして医療機関を受診させてあげてください。きっと本人もとっても困っているものの、自身の気合や努力でなんとかなるものではありませんので、信頼できる医療機関を探してぜひサポートしてあげてください。

医療機関は紹介しませんけど爪切りは紹介します

せっかくですので、俺が今常時携帯している爪切りをご紹介します。

と言っても別に高いやつでもなければ購入に至ってのエピソードも特にあるわけでは無いですから、今お持ちのやつで常に携帯してても大丈夫ならそれを使えば問題ありません。

俺の場合は、家に爪切りが1つしかなかったのでさすがにそれを常に携帯するように持ち出すわけにはいかなかったので新たに買っただけのことです。

ちなみにamazonで買いまんた。

別に安いモノでも構わないと思いますが、ヤスリはついてた方がいいかなぁと思います。

というワケで買ったのがこちら。大変リーズナブルでよろしい。

とりあえず普通に爪を切ってヤスリをかける分には全く問題ありませんから、まぁこの価格帯の商品であれば十分な性能だと思えます。

もちろん別にこのブログLP0から買わなくても近所のスーパーとかドラッグストアで買ってきてもらえばOKです。

とにかく、爪を噛むのはどうやら自分の意志の力では止めれそうにないのでそもそも噛めない状態にしてしまおうということですので、まだ試したことの無い方はゼヒ実践してみてください。

俺も20年以上噛み続けてきた爪を今は一切噛まなくなりましたのでこの方法が合う人には効果抜群だと断言できます。

また、血が出るレベルで爪を噛み続けてしまう人は心の問題が隠れている可能性が多分にありますので専門の医療機関を受診してみることをオススメいたします。

ま、とにかくそんなに大変でないしお金もかかりませんからもし治ればラッキーくらいの考えで一度お試しください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ