寒いほうがダイエット効果は高いのか?脂肪が減りやすい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の日中は若干暑いくらいだったのに夜から徐々に冷え込んできて今日の朝はめちゃくちゃ寒かったですね…。寒すぎて俺風邪ひいたのかと思いました…。

夏も終わりまして少しずつこれから寒くなっていくんだろうなと思う今日このごろ、久しぶりにダイエットの話題を取り上げたいと思うんですけど、ポケモンGOダイエットをやってる方は今も頑張って続けておられるでしょうか。以前記事の中でも言ったと思うんですが寒くなってきたこれからがチャンスです!

スポンサーリンク
レクタングル大

なぜ寒い中ダイエットするのが良いのか

外気温が低い中にいると当然ですが、人間の体もだんだん冷えてくることになって体温は下がっていきます。しかし人間の優秀なところは下がっていくはずの体温を下げないように、生命活動の維持に支障が出ないように体温を保とうとするところにあります。

これがいわゆるホメオスタシスと言う人間に備わった機能であり、恒温動物であるが所以ですね。

体温を維持するメカニズム

色々あるんですが、一番分かりやすいのが”寒いと体が震える”という体の働きですね。どんな動きであれ、人間の体が動く際には筋肉の伸長・収縮が行われます。その際には体内の様々なエネルギー源が消費されることになります。そのエネルギーが体中で消費されることで”熱”を産生するため体温が上昇するという仕組みになっています。

例えば俺は冬の日の朝なんかはいつも歯をガッチガチ言わせるくらい震え続けてて周りに「そんなに寒いの?w」とかいって嘲笑されるんですけど、そんな時には物凄い勢いで体内のエネルギーが消費されて体温を上昇させようと体が動いていることになります。

ちょっと話がズレますが、トイレでおしっこやなんかした瞬間に体がブルッと震えることがあると思うんですが、これはそのメカニズムの一つです。尿などは体温と同じように暖かいですので、体外に排出された際には体から熱が出て行く事になります。それを体が「体温が下がった!」と勘違いすることでブルッと震えてしまうんですね。

我が家の子どもたちもまだおむつをしてた時代は、おしっこするたびに体をブルッと震わせていたため、いつしか体をブルッと震わせた時点で「しっしーしたねぇ」などと言っていたものです。

夏のダイエットと冬のダイエットの違い

季節の違いによるダイエットの傾向について端的に言ってしまえば、”体重が減りやすいか”、”脂肪が減りやすいか”ってところに収束してきます。

夏だと非常に暑いので、体温を上げるのではなく体温を下げるメカニズムが働き始めます。本当にこういったところ人間の体は優秀だなぁと思いますね。

気温が高い場合にそれにつられて上がろうとする体温を”汗をかく”ことで下げていくのですね。厳密に言えば汗をかいて、その水分が蒸発することで体温が下がることになります。当然暑ければ暑いほど、体温も早く上昇しようとしますのでそれを下げようとするためにもっと沢山汗をかくことになります。

以前言ったように、急な体重増減の要因のほとんどは水分によるものですから、汗をかくことで失われた水分量だけすぐに体重が減ることになります。当然水やお茶を飲むなどして水分補給すれば体重はもとに戻ります。

反対に冬に行うダイエットは気温が低いために汗はあまりかきませんが、体温が下がっていこうとするのを防ぐために前述のメカニズムが働いて”体内のエネルギーを消費”するわけですね。

ぶっちゃけて言ってしまえば、冬の寒い中ガタガタ震えて外に立ってるだけでもエネルギーが消費されていくってことですね。そう思うと、寒い冬に家の中でこたつに入ってテレビを見てるのももったいない感じしてきませんかね?

冬のポケモンGOダイエットを勧めた過去

とは言っても寒い中ただただ外に立ってるのは苦行以外の何物でもありませんからね。せっかくポケモンGOというダイエットに最高のツールが存在しているのですから、一緒に利用して相乗効果を狙うのはダイエットに取り組むための戦略として誤りではありません。

Pokémon GO
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

※amazon経由でアンドロイドアプリ貼ろうと思っても検索に出てこないんだけどどうなってるのこれ…。そもそも存在してないの?ポケモンGOが無いとかウソでしょ…?誰か教えてください…。

運動の習慣の無かった人が体を動かすってだけでも十分ダイエット効果は高まるのですが、寒い中でやれば体温の維持機能も関わってきてより高いダイエット効果を得られるということですね。

…ただ、これだけ煽り立てておいて大変申し訳ないのですが、体温維持のメカニズムによって消費されるカロリー量は決して多くはありません…。

寒いと痩せるは言い過ぎ

寒さを10分我慢すれば1時間運動したのと同程度のカロリーを消費できるなんて声高に謳ってるブログなんかもありますが眉唾ものです。まぁそれが仮に本当だったとしても「1時間運動したのと同じカロリー」とは数値としてどれくらいなのでしょうか。どんな運動を1時間したのと同じことになるのでしょうか。

こういったところを明確に数値化したものはほとんど公表されていません。

結局のところ1時間運動した程度で消費できるカロリー量などたかが知れています。少しお菓子でも食べようものなら一瞬でチャラになりますので、寒いだけで痩せるなどと過信しないようにしてください。

あくまで冬場に外で運動したりすればダイエット効果が高まるよ!ってだけで寒い思いしながら外にいるだけで痩せる、脂肪が劇的に減少するなどとは言っていませんのでご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ