返金は無事に行われました。みんなのクレジット債権譲渡問題。貸付先企業がおかしな動きを…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと記事にするのが遅れちゃいましたけど…誰だ今、いつものことだろって言ったやつ!

3月13日に無事…と言って良いのかよく分かりませんけど口座に返金されまんた。500円強残っていた分も含めて、かつ振込手数料も先方持ちでした。

みんなのクレジット債権譲渡による返金

スポンサーリンク
レクタングル大

ちゃんと振り込まれるか訝しんでいましたが振り込まれまんた

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、みんなのクレジットのログインページの残高部分と入金先金融機関の入出金明細のスクリーンショットを撮ったものです。

今回の債権譲渡で戻ってきた4,657円と、昨年末に入金された分配金589円を合わせて5,246円振り込まれました。

これなら先日出金するの待っておけばよかった…。でもまぁそれは致し方ありませんね。

みんなのクレジットがついに11月末で利払い停止したぞー!…したぞ

色々と辛い思いをすることになりましたし、投資家の意向を一切無視して債権譲渡に踏み切って投資金額の3%のお金を返して一方的にハイ終わり!という姿勢はいかがなものかとは思いますけどね。

金を吸い上げる天才と言っても過言でない代表者個人も含めれば債権の回収可能性はもっと高いように思えますから、1億円を下回るようなはした金で債権譲渡する案件では無い気がします。

ということを色々考えると債権譲渡先も含めてみんなグルなんだろうなーと考えるのが自然な流れです。

貸付先企業から債権譲渡先企業に1億円くらい払って法的には問題無い感じで一連の事態に決着って感じでしょう。

そんな訳で倫理的にはどうであれみんクレは一応形だけでも責任は果たしたってことになります。

とはいえ、この対応には引き続き納得のいかない投資家の方も多いでしょうからそういう方は諦めずに戦い続けるしかありません。

そんな皆さんのためにこの歌をご紹介しますので興味ある方はぜひ手に入れて聴いてみてください。

Struggle for the Freedom Flag
GALNERYUS

頑張ってください。

俺の場合は失った額も大したことはありませんでしたし、そこに割く時間もお金も勿体ない気がするので粛々と損失計上の処理を行っていこうと思います。

あまり大々的にメディアに取り上げられてはいないが…

ちなみに今回の件については、東京商工リサーチ社が自社のニュースの中で詳しく取り上げており、かつ結構深いところまで踏み込んでくれています。

東京商工リサーチ:みんなのクレジット、投資家無視の「禁じ手」を実行か

そしてそれがYahoo!ニュースに上がったりもしていました。

なのでまぁ俺からメディアに働きかけたところで今さらアレですし、ちゃーんと取り上げられていますからいろいろごあんしんください。

今回のみんなのクレジットの件について、さっぱり分からない方はその記事をご覧になると本当によく分かります。

いかに俺の今までの説明が核心には触れないざっくりとしたものであるかも露呈しますので色々とアレな限りですけど。

ただやっぱりスマートハウスの問題に比べると規模も被害金額もはるかに小さいですからねー。テレビなどでバンバン取り上げられる感じでないのは仕方ありません。

そしてその上で、やっぱり投資は自己責任でしかありませんから色々悔しい思いをしているかたも多いでしょうけど、この事件を機にさらなる自身の見識眼を磨いていくよりほかありません。

で、この記事を読んでいると貸付先企業が何やら妙な動きをしていると見逃せない情報が。

怪しすぎる貸付先企業

実際その貸付先企業のサイトを見に行ってみると…

<なんか知らない間にページが消えてまんた>

蝶☆アヤシイィィィ!!!

明確な返金のスキームを示しもしないのに、返金してほしいなら訴訟を取り下げろなどと言うのはムシの良い話です…。

みんクレがやってることは自分の意図とは違うから、投資をしてくれた人にちゃんと返金したいみたいなこと言ってるくせに連絡してきた人、訴訟を取り下げた人にしかお金を返しませんとか、ちゃんと投資家にお金を返そうという考えがあるのにそもそもみんクレとの話し合いが決裂する時点で意味不明ですからね。

取り下げた方に対しては長期間の分割返済プランを提示し、ほとんどはした金くらいの返金が数ヶ月続いた挙句、「ごめーん!やっぱ返済無理だわ☆」とかってまた返済がされないパターンしか考えられませんし、場合によってはその後、各債権者宛てに弁護士等を名乗るものから不審な電話がかかってくる展開すら思い描けます。

要は今回の申し出に乗った人のリストを名簿化して名簿業者に売るってことですね。まーこんなことやってる人たちにコンプライアンス意識など皆無ですから期待してもしょうがありません。

で、その名簿業者から反社会的勢力な人たちが名簿を買い、各債権者に詐欺的電話をかけまくるみたいな…。

悪いことを考えればどこまでも悪いことばかり浮かびますから、皆さんがどうされるかはご自由ですけど、俺は今回の申し出には乗りません。

現体制のみんクレも、当該会社も、もしかしたら債権譲渡先の会社も全部グルな可能性が高いですから、投資家全員がバカにされているとしか思えない対応でしたが残念ながら投資した時点で負けというどうしようもない案件でしたから致し方ありません。

バカはバカなりに潔く損失を受け入れようと思います。いやーホント20万円は投資せず出金しておいて良かった。多少は俺も鼻が利くんだなってことを自信にしてこれから生きていこうと思います。

…今年に入って投資し始めた海外ETFや日本株は軒並みメタクソにやられてますのでやっぱり才能は無い気がしますけど。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ