リフォームが始まるので家具や家電を買いに行くも値引き交渉と荒ぶる子どもたちへの対応に四苦八苦する【早くリフォーム終われ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はめっきり冬らしい気候になってきまして、毎朝起きるのも非常に辛い日々が続いていますが、このブログLP0へお越しの皆様は風邪などひかれていないでしょうか。

インフルエンザも流行っているようですし、体調管理には十分気をつけるとともにもし風邪などひいてしまった場合には積極的な休息を取って、ぜひ早めに治すように心がけてください。

そんな急な体調の変化に悩まされる昨今ですが、幸い我が家は誰も大病することもなくここ最近は新居のための家具やら家電選びなどで奔走している毎日です。

昨年末に無事に引き渡しが完了したことで名実ともに「我が家」になりましたから、リフォーム工事の細部もようやく詰めることができました。

今回の我が家の場合はリフォーム資金も銀行から借りるということでしたから、年末の時点で当然リフォーム内容については決まっていました。

あとは細部の詰めみたいなもんですね。結果として若干融資金額よりも足が出るような結果になりそうですが、まぁ致し方ないところですかね…。

そんなこんなでようやく細部の詰めも終了したところでようやくリフォーム工事が開始されることになりました。

屋根や外壁は勿論、構造部分を除く内装にもすべて手を加え、さらに水回りも総とっかえしますから、もうリフォームと言うよりもリノベーションって勢いなんですが、その分金額もハンパ無いことになりましたからなんとかうまくいって欲しいと言うか、期待通りのモノが出来上がって欲しい感じですね。

家を購入するにあたって事前に妻に「住宅ローンのことを含むお金の話は任せておけ、そのかわりリフォームのことは頼む」と言っていたのですが、本当にリフォームの内容についてはほぼ妻に任せきりになっている状況でした。

スポンサーリンク
レクタングル大

リフォームの内容は妻に任せきり

内装、特にクロスは昨年のうちからショールームに行って、担当の方についてもらって家の図面を見せながら妻があーでもないこーでもないと打ち合わせしていましたし、水回り(キッチン、風呂、洗面台等)もかなり頑張って何度か見に行っています。

本来であればその様子について、昨年のうちに記事にしようと思ってましたが、現時点でも全く文字として起こせてませんからいつその辺りの話に言及できるかは分かりませんので色々と申し訳ありません…。

まぁその話は置いといて、昨年から現在においてもショールーム的なところに家族で行くんですけど、子どもたちは全く興味がないと言うか、すぐに飽きてウロウロし始めるんですよね。

で、だいたいそういう所にはキッズスペースみたいなものが設置されてますから、そこで遊び始める…んならまだ良いのですけど、息子はキッズスペースで遊ぶことにもすぐ飽きてしまって、靴も履かずに店内を歩き回ろうとし始めます。

そのため、キッズスペースで遊ぶならついている必要がありますし、こっちを見てニタニタ笑いながら裸足で脱走する確信犯の息子を追いかけて捕まえる必要がありますから俺は全く打ち合わせに参加することができないのです。

確かにリフォームのことは全て妻に任せるとは言いましたし、個人的にはデザイン等にそれほど希望なんかはありませんから、打ち合わせに参加できないこと自体は全く問題ありません。

それに、普段はなかなか触れ合えない子どもたちと「がっぷり四つ」で組み合える濃厚な時間でもありますから大変充実してはいるのですが…。

しかし完全にまかせっきりではやっぱり悪いですので、お店の人と妻との話題に参加して俺も意見を言ったりしたいところではあるのですが、かといって子どもたちをほったらかしにはしておけませんから非常に難しいところです。

裸足(靴下)で華麗に走り出していく息子を捕まえて小脇に抱きかかえ、キッズスペースでなんか他の子どもとわちゃわちゃしてる娘を見に行く流れで妻のところへ行くものの一言二言交わすのが限界みたいな感じになりますから、店内にいる間はほとんど夫婦の間で会話はありません。

店を出た後に妻から報告を受けてあーでもないこーでもないと俺の意見を言う感じになってしまいますから、本当に申し訳ない感じでいっぱいです。

まぁ妻としては「自分の好きなように見れるし決めれるからありがたい」と言ってくれてるのでそれがせめてもの救いですかね。

特に壁紙については妻がなかなかファニーなチョイスをしていまして、リフォーム工事を施工する会社の担当者の方には若干引かれたりしてるところがありますから、後日自宅のリフォームが完成した際には一部ブログ上にアップしても良いかなーと考えています(妻にも許可を得て…というかむしろ妻の方が乗り気)からご期待ください。

そんな感じでリフォームや家電の購入については妻にまかせっきりになっていますが、それでも一生懸命頑張ってくれていますから本当に「うまくいけ!」と祈るばかりなワケですね。

祈ってばかりでもいけませんので、作業員の方にも気持ちよく仕事してもらえるように

かといって、祈ってばかりでは「祈るな!」とガッツに叱責されること請け合いですから、少しでも工事が上手くいくようにということで、現場の作業員の方に気持ちよく仕事をしてもらえると良いなと思って色々差し入れたりしています(妻が)。

はい、結局やってるのは妻です。ごめんなさい。

で、まぁこんなこと言うのは情けない話でアレなんですけど、作業員の方が帰ると差し入れのお菓子とかがきれいさっぱり無くなってるんですよね。

一応ゴミ箱も設置していますが、そこにゴミが無いことをみるとすべて持って帰っているのではないかと、妻はそう言うワケです。

色々大変でしょうし、工事自体もきちんとやってくださっているようですから俺としてはまぁそのくらいしょうがないと言うか、良いんじゃないかと思うし、別に妻もそう問題にしている訳ではないのですが、夫婦そろってちょっとびっくりしてしまいましたね。

別に持って帰っていただくのは構わないのですが、そんな事態ですので、どれくらいの頻度でどれくらいの量の差し入れをするべきか非常に悩ましい状況になっています…。

全部持って行ってしまうからと言って目に見えて差し入れの量を減らすのもなんだかやらしい感じしますからね…。

難しいところですが今後は工事に来る作業員の方も増えてきますからあまり考えないようにした方が良いかもしれません。

別に毎日毎日持って行っている訳ではありませんし、とてつもない出費ってワケでもありませんから、気持ちよく仕事して頂けるのであればそれに越したことはありませんから。

…いや、もしかして差し入れられたお菓子とかは全て持って帰るみたいな文化が当たり前のことなのかな?

確かに、せっかく差し入れたのに全部残ってる…って状況になるとそれはそれで残念な気持ちになりますし、妻は「自分の差し入れのチョイスにセンスが無いのか…」と地味に凹みそうですからね。

やっぱりあまり気にしない方が正解のような気がします。

家電を買うために色々とかけずりまわる

特にこんなところで声高に言うことも無いと思うのですが、家電についてはいくらでも値引き交渉ができますから、引っ越しシーズンということもありますし、家電を買うことを考えている方は積極的に値引き交渉をしてみてください。

電気屋さんサイドもそれを受けるのが礼儀?みたいななんかプロレス的状況にあるのが家電業界ですから恥ずかしがる必要も申し訳なく思う必要もありません。

ただし、やはり最低限の礼儀などはありますから高圧的な態度で「値下げしろよ!」みたいなのはやめておきましょう。

なんだかんだ言って最終的には人と人との縁やつながりってのを大切にしたいところですね。

まぁ皆さん分かってる方は多いとは思うのですけど、俺みたいになんだかんだで今までの人生で家電を買うことの無かったような人も居ると思いますからそんな人のために今回の体験をベースにした話をします。

俺も一人暮らしはしてましたが、会社の寮だったり家具家電が備え付けだったりみたいなとこにしか住んでませんから家電を自分で買う事ってなかったんですよね…。

結婚した時もすべて妻が持ってた家電をそのまま流用して現在まできていますから本当に家電買った経験ってなかったんですよね。

そんなバックグラウンドがありますから、以降の記事はすでに家電の値引き方法を知り尽くしたパーフェクトソルジャーたちには何一つ興味を惹く話題がありませんから、読むのをやめてせっかくですからこのブログLP0の投資の記事でも読んでいってください!!!1

さて、それは良いとして家電を購入する際の値引き方法としては大変面倒ですが基本的にはいくつかの店を回ることが最低条件になります。

具体的にはとある店舗であれやこれや欲しいよと言って見積もりを作ってもらって、店員になんと言われようとその場で即決はせずにその見積もりを持ってうろつくのが基本スタイルです。

場合によっては1度行った店舗に再度行くってことも考えるべきです。

ただ、現在わがまち大垣市には残念ながらいわゆる家電量販店というやつは「エディオン」「ヤマダ電機」「ジョーシン」の3店舗しかありませんからあまり回り甲斐は無い感じかもしれません。

いつのまにか「ケーズデンキ」は無くなっていました。

でもまぁいくつもお店を回るのも大変ですからね…。それくらいの方が良いのかもしれませんね。

3店舗とも回ってヤマダ電機で買いまんた

今回我が家が購入するのは以下の品々。

  • エアコン(3台)
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 掃除機
  • 照明器具

まぁ新生活を始めるためですからこれくらいは当然必要になりますわな。ちなみに現在所有している家電については全て人にあげたり廃棄したりとかそんな感じになります。

しかしながら、俺はと言えば男であるにもかかわらず電子機器やらガジェット、家電とかにはミリ単位も興味がありませんからここでもほぼ妻任せになるという色々とアレな感じになっています。

なんか最近投資の話題ばかりブログの記事にしていますし、LP0の人は金にしか興味のない守銭奴だと思われているような気がしないでもないですが、ブログに書いてないだけで色々やってますからその点はごあんしんください。

結果から言うと照明器具と掃除機についてはまだ買っていませんが、他のものは全てヤマダ電機にて購入しました。

照明器具については、妻のこだわりが色々あるようですので一部普通の照明を買いましたが寝室やダイニングについては一般の家電量販店では売ってないようなものを購入するつもりのようです。

また、掃除機については妻曰く「マキタ」のコードレス掃除機が良いようなのですが残念ながらヤマダ電機には置いてありませんでした…。

他の店やネットで探して買うか、マキタの製品を諦めて、なんかやたらとたくさんもらったヤマダ電機のポイントで他社製品を買うか悩んでいる最中です。

なんか当初の金額だと余裕で100万円を越えるような勢いだったので、焦って俺の投資計画を一部変更して、本来投資にまわそうと思っていた預金の一部を家具家電等の購入資金として取っておくことにしたのですが、なんやかんやで結構安くなりましたからもしかしたらその必要もなかったかなという感じです。

ちなみに家具や家電の購入資金についても俺持ちです。まぁ夫婦の共有財産として結婚してから貯めた分から出すんですけど。

見積書を発行してくれなかったエディオン

最終的にはヤマダ電機で購入することになったワケですが、一番最初は他の用事で外出してたときにたまたま通りかかったエディオンに行ったのでした。

たまたま通りかかったとはいえ、ある程度時間に余裕はありましたし事前に妻がチラシなど見ていたらしくある程度の目星はつけていたようです。

で、妻が店員さんとあーでもないこーでもないと話している間、俺はあいもかわらず子どもたちの相手をしていたのでした。

残念ながら電気屋さんにはキッズスペースはありませんから本当に大変でしたが、とりあえずおもちゃ売り場に退避することでその場をしのぐことができました。

しかしながら、娘のアレ買ってコレ買って攻撃を凌ぐのは本当に苦労しました。値引き交渉するくらいの疲労感じゃないのかこれ。

その後、妻と店員さんの話も終わり、ほとんど値引き交渉の無い状態での見積書を提示されましたが、なんかいかにもすぎる金額が出てたのでちょっと難しいですねぇ的な話をして、他の店も見に行こうかという雰囲気を出したのは良かったものの「見積書は渡せない」との発言が。

なんかその時点で色々がっかりしてしまったのですが、まぁめげずに他店にも行くことに。

その際、購入対象商品の品番やら金額については写真を忘れずに撮っておきました。

最終的に妻の主導で決定

最終的にと言ってますが、ほとんど最初から徹頭徹尾妻に任せていますのであまりにも事実と違う小見出し詐欺となりましたが、なんかいい小見出しが浮かびませんでしたのでご容赦ください。

当然ジョーシンにも行ったのですが、最終的にはヤマダ電機での購入となりました。

妻が語った要因としては、担当者との相性?フィーリング?みたいなところが大きかったとのことでした。

「エディオン」の担当の方は押しが強すぎ、「ジョーシン」の担当の方はイマイチ頼りなさそうって理由でダメだったそうです。

ただしこれはあくまで担当して下さった方に対しての妻の考えですから、人によっては評価が違うと思いますし、店舗全体がそんな雰囲気だよってことではありませんから誤解ないようにお願いします。

そんなこんなでヤマダ電機で最後の一押しのお願いをした上で、一応俺に最終の確認を取ってくれた上で購入することが決まったのでした。

ちなみに最後の一押しの際に、現金一括で払うからもう少しなんとかならない?って言ったものの「支払は現金でもカードでも変わらないですけどこれ以上は無理です」と言われたのでした。

最終的にはもうちょっと頑張ってもらってそこから端数だけは切ってもらえたのですが、現金だから安くなるってワケでもないんですね。

まぁ我々夫婦の交渉能力が至らなかっただけなのかもしれませんけど、そういうものかと思って最近ようやく手に入れたamazonゴールドカードを利用して決済することにしました。

そういえば今どき、保証書についても電子データなんですね。

決済のときに店員の方からヤマダ電機のスマホアプリを導入すれば、最悪紙ベースでの保証書を無くしたとしてもアプリから画面を見せれば保証を受けることができると言われたので珍しく提案を受け入れて導入することにしました。

あんまりホイホイとトイレについて行くアプリを入れたりするのが好きなタイプの人間ではありませんから、普段は勧められても全部断るんですが保証書とか結構すぐ無くしちゃうんですよね…。

ところで、クレジットカードはうまく利用すれば手数料等かけずに支払を遅らせることができますから、その資金を運用して利息分だけ姑息に稼ぐってことも可能です。

話が脱線しますから省きますけど、興味のある方は少し考えて実行してみてください。ただし、運用に失敗すると支払うべき時にお金が無くて支払えなくなる可能性も否定できませんから自己責任でお願いします。

一部家電は持ち帰りまんた

現在我が家はリフォームの真っ最中ですから、すぐに家電を搬入するというワケにはいきませんでしたから冷蔵庫やエアコンなどの現時点で設置できないものについては後日の配送を依頼しました。

一部家電については別日での配送など検討したのですが、先方から「今日全部用意するので持ち帰ってもらうのは可能ですか?」と言われたので了承することにしました。

おかげで一部部屋が段ボール箱に入った家電で埋め尽くされる事態になってしまいましたが、これは仕方ありませんかね…。

ただ、油断していると上に乗ったりストンピングを仕掛けたりする子どもたちですので気を抜く暇がありませんから早くリフォームが終わって欲しいものです。

昨年末頃から色々と苦労は絶えませんが、まだしばらく大変な日々は続きそうです。

とりあえず家電の段ボールにくっついている息子を引き離さなければ…!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ