ガイアファンディングが2018年の卓上カレンダーを送ってきたので俺の情が揺さぶられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか突然ガイアファンディングから郵便が届き、なんじゃこりゃ?と思ったのでした。

記事の始まりが唐突過ぎますけど、なんの前触れもなく我が家のポストにもこれくらい唐突に郵便が来ていたのでした。

最初はなんかの書類か?と思ったのですがそれにしては妙な厚みがあるので???と思いながらリビングで開けてみまんた。

すると中から出てきたのはなんともダサ可愛い感じのガイアファンディングのマスコットキャラクターである招き猫みたいなのをあしらった2018年の卓上カレンダーでした。

この猫がかぶってる帽子が昔テレビでやってた「ニューヨークへ行きたいかー!」でおなじみのクイズ番組の帽子を連想させる感じなんですけどもしかしたら狙っているのかもしれませんね。

ガイアファンディングからカレンダーが

アメリカですし(雑

スポンサーリンク
レクタングル大

ガイアファンディングから頂いたカレンダーのフォルムをご覧あれ

これって多分投資家全員に配布していると思われるので、別にレアな逸品でもないんでもないのでしょうけど、とりあえずこんな感じモノだということで写真を掲載します。

掲載するのがマズイとかあれば、関係者の方などはご連絡頂ければ画像を削除するなど対応いたします。

ガイアファンディングカレンダー2018

まー別に特筆することもない卓上カレンダーです。

しかしなんかこういった対応には少しの驚きとともに喜びを覚えますね。

ガイアファンディングサイドとしてはどの程度のコストや手間がかかってるのか分かりませんけど、こういった対応は俺がやっている他のいくつかのソーシャルレンディングにはありません。

それどころか、みんなのクレジットという詐欺的なあんちくしょうどもは何か贈り物をしてくれるどころか逆に奪っていきましたからね。

そんな世知辛い世の中でこうやって誰かから優しくされると思わずほっこりしてしまうものです。

ガイアファンディングでの投資をやめようと思っていたが…

こんなサービスを受けてしまうと、まぁガイアファンディング側の完全に思う壺ではあるのですけどガイアファンディングでの投資を再検討しても良いかなと思ってしまいますね。

投資家のことを気にかけてくれているんだなというのが今回の件で多少なりとも伝わり、会社の運営についての安心感が高まったように思えます。

現状、様々な理由から…詳細は以下の記事をご覧いただきたいと思いますが、ガイアファンディングへの追加投資は見送っており、なおかつ今投資している案件について全額償還された時点で全て出金して取引自体をやめようと思って動いていたのですが…。

最近はその懸念が多少緩和されてきているようにも思えますし、ウェルスナビ経由で米国のREIT銘柄のETFであるIYRに投資してますけどイマイチ調子が良くないんですよね。

ウェルスナビ自体は調子良いんですけどね…。ただ、来年からSBI証券でNISA口座を開設してウェルスナビで投資している海外ETF銘柄を買っていこうかなとも考えています。IYRと米国債のAGGは除いてね。

そうすれば年間1%の手数料を取られずに済みますし、SBI証券ではNISA口座内での買い付けなら海外ETF買いの手数料を永年無料にすると言ってますし。

そしてそこで海外ETFへと投資を行いつつも、REITへの投資代わりにガイアファンディングを通じて不動産に投資するっていう、ガイアファンディングでの投資を始めた当初の考えが再燃しつつあります。

ただ…やっぱり投資ってのは「情」でやるもんではないですからね。

金融機関の窓口とかだと、ジジババたちが対応するFAさんの話だとか対応だとかを気に入って「あんたのことを信じてこの投資信託買うよ」みたいな話がたまに漏れ聞こえてきたりするものですが本来そういう理由で投資対象を購入するのは厳禁です。

まーそういったのは極端な話としても、何度もこのブログLP0で言ってますけど「投資は自己責任」ですので相手が信用できようと出来なかろうと投資の結果などは全て自分自身に帰属しますから、うまくいけばまだ良いですけど投資が上手くいかなかったときに「お前のことを信用して買ったのに!」と激高してもどうしようもなくなってしまいます。

相手も「今さらそんなこと言われても…」と困るだけで何ら助けてくれないですし、金銭的な補償は一切してくれません。

俺の最終判断は持ち越しますがこれから始める方はチャンスかも?

翻って今回の俺の件ですけど…。

ガイアファンディングから贈り物を頂いた件についてはありがたいと感謝させていただきながらも投資スタンスの変更については慎重にいきたいと思います。

ただ現状、株式などへの投資はしているけど不動産に投資をしてないなって方には悪くない投資対象だと思いますし人に勧めることはできるかなと思っています。

なぜなら以前から非常にネックに思えていた、募集・申込開始から実際に投資されるまでの期間の長さが少し緩和されているように思えるからです。

昔は平気で1ヶ月以上かかってたので、その間全く運用されないので大きな機会損失につながるな…と思っていたのですが最近はその資金滞留期間が比較的短くなってきているように思えます。

とはいえ1週間単位での待ち時間はありますけど、ただもともとソーシャルレンディング業界の投資案件自体が資金滞留期間ってそこそこ長くて、俺もこのブログLP0内で何度かその不満をぶちまけています。

その中でもガイアファンディングが群を抜いて長かったというかあまりにも長すぎたのですが、アメリカの不動産関係の企業への融資ってことで仕方ないかと目をつむって投資していたのでした。

追記:
と、思ったらどうやら案件によって期間が違うだけってみたいです。ちょうど俺が注目していた時期にそういう案件が多かったってだけのことみたいです。うーむそうか…。

そんな訳で投資初心者の方がやるにはハードル高すぎるのでやめておいた方が良いですけど、投資対象を分散したいなと考えておりつかつ、昨今のREITの成績はイマイチだな…と思ってる方には国内不動産でなく海外不動産だという点も面白いところですからオススメできます。

ただし、それほど投資金額は増やさないようにしましょう。予定利率が年10%前後の案件ばかりですからリスクも非常に高いですし。特年齢にもよりますけど、俺と同じ30代の方であれば全資産の5%も投資すれば十分でしょう。

繰り返しますけどもちろんREITに投資してるならわざわざリスクを取ってやる必要もないと思いますので、REITへの投資に不満のある方なんかはぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ